忍者ブログ
AdminWriteComment
オタクらくがき・感想等を徒然に 感想はネタバレまくりです  本サイトが更新できない今、実質ここが本サイト(笑)
No.
2017/09/25 (Mon)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.71
2015/10/12 (Mon)

今期は古典的な始まり方をする作品ばかりで、見てるだけでは個体識別ができなくなったので久しぶりに新番感想羅列をしてみる。

作品評価はまだつけられないけど、視聴継続★★ あと数話様子見★ 視聴断念☆ 無印は機会があえばみるかな?という感じでつけます。


総本数29本。………………29本?!!
多いね?!!
感想も読むの疲れて読みたくなくなるかもね…




というわけで感想は下の「続きはこちら」のリンクから。



オリジナルと漫画、小説原作アニメ

◆ワンパンマン★★
ワンパンチで全て片付けてしまう無職一般人のお話?wそれにしても動くね〜原画そのまま使って勢い殺さない絵にするぞ!感とてもある。しかし設定が出オチw次回で真の展開が出てくるのかなと思って期待。



◆ノラガミ
二期だった。一期は見ている時間がとれなくて二話くらいで切ってしまったけど、作品の出来自体は堅実な感じがするので悪くないのではなかろうか。古オタからするとやっぱりよく見る展開なのでキャラが好きになれるかどうかというあたりで判断することになりそう。



◆DIABOLIK LOVERS☆
これあれや、ヒロインがビッチちゃんといわれて血を吸われまくるやつやwとりあえず、ビッチちゃんを狙う物の怪さん達が増えた。その増えた一派と今までいた一派でビッチちゃんを争う模様。増えた一派はビッチちゃんをメス豚って呼んでます、一応イブとも呼んでるけど扱いはこっちもひどいwしかしどこ需要なんだろうこれ…(一期時も言ったこれw


◆サンダーバードARE GO!
すごい、CGなのにミニチュア感を前面に押し出して作ってる。これをみると、サンダーバードとは、その話の骨子より、人形劇ミニチュアである事が重要なのかも、と思わせる。それにしても昔の人形イメージがそのままCGに落とされてて関心しきり。ただこの手法、昔のサンダーバードを知ってる層には関心されるが、本来のちびっ子たちにはどう映るんだろう…


◆小森さんは断れない★★

三分アニメ。タイトル通り高身長巨乳の小森さんが人にモノを頼まれて断らずに引き受け続けるアニメ。皮肉な目でみなければほんわり癒し系アニメ。三分という短さが物足りない感じだけどこれそれでちょうどいい引きなのかもしれない。きっとなんとなく見続ける。


◆ピカイア!
15分アニメ。未来、人が住めなくなった地球はカンブリア期の様相を呈していて、そこの生物の調査をしにいく設定。人間がいくわけではなく端末を送ってコロニーから遠隔操作してるようだ。アロマノカリスに襲われたりしている。これはじんわりカンブリア期の生物を紹介する番組なんだろうか…(えねっちけーアニメである




◆K RETURN OF KINGS★★
オリジナルアニメKの二期。前回は厨2病感、アクションシーンはムダに良く動くが動きの意味もないし重心移動があまりに気持ち悪いという点でずっと文句を言っていたが、そういうのも行き過ぎると逆に見続けてしまうという好例。こういうのは恥ずかしいくらいまで行くといっそキモチイイね…いやキモチワルイんだけどね…きっと文句いいながら今回も最後まで見るんだよ…wwwwそれにしてもアバンでCGのリアル精度を上げてきて不思議な画面になっている…



◆ダンス・ウィズ・デビルス★
ダーク系乙女ゲー?なぜかキャラクターが脈絡なく歌いだすミュージカル方式。自己紹介は歌って済ます仕様なのだろうか。一話の段階では、ヒロイン一家が秘匿する物を狙うもの達がいて付けねらわれたり襲われたりしている。敵か味方かわからない生徒会一派が攻略対象らしいが、多分なんらかのモンスター。今の所ちょっと根性悪い感じに描かれていて、すぐに言う事をきく人物ではなさそうなヒロインに関心を持ち始めてる?感じ。ちやほやするだけの話になるまでは様子見。



◆かみさまみならい ひみつのここたま
幼児向けアニメ。大事に使っていた色鉛筆が精霊として出現する。色鉛筆の持ち主の少女とのふれあいのお話。精霊のお家をつくらないと精霊は消えてしまうので必死になってお家をつくる設定が、そのまま精霊のハウスおもちゃの販促になっている構成。精霊の存在は他の誰にも知られてはいけないので、毎回それが話のキーになるのかなーととても普通の事を考えてみていたw



◆コンクリートレボルティオ★
ウルトラマン的巨人と怪人と魔法少女が存在する世界。これら全部まぜた話は珍しいように思う、一話見た限りでは期待できそうなんだけどボンズなんだよな…画面と最初のイメージはいいけどこれといって芯もなく進んでぼんやり終わってしまうのがボンズオリジナルなのでどこまでつきあえるかだ…と書きながら二話を見てたらちょっとつらくなってきたw様子見。



◆コメットルシファー★
最初にでてきたおっさんが好きな感じのキャラデだったので期待したけどメインの若者達とテイストが違い過ぎだった…。冒険譚ロボもの風味に始まる。メカが通常作業をする世界、許嫁から逃げる女友達、キーアイテムになる主人公の持ち物、謎の少女の出現、意思を持つ主人公メカ。とても古典である。やっぱり次回以降の展開を待たないと判定つかず。ただしメカの動きは「機械」感がして好みに近いのでそれだけで見続けるかもしれないw



◆SDガンダム三国伝
3Dのアニメナイズが進んで、メカデザインが混み合ってても動かしやすい状態になった今SDガンダムはそれと相性がいい、と思う。ベースが三国志なので、どのキャラがどういう要素をもって扱われているかがキモになると思われるが、今の所全員生真面目さんである。ED見るとこれからいろいろでてきそうだけど。ただしSDものを継続視聴できた試しは無いのでたぶん私がこれを見届ける事は無い…



◆終物語★★
シリーズも長い物語。毎回入れ子構造の謎がちりばめられ、言葉の意味を問い直す。それを独自の演出と構図でみせてくれる。傑作だと思っているが、ここまで長くなると初見の人にはよくわからないかもしれない。でもじゃあこれの前は?と思わせる魅力もあると思う。今回はここの所当事者ではなかった阿良木くんが当事者として怪異にあう…のかな?




◆牙狼 -紅蓮ノ月-★
無印、最初の特撮牙狼は大好きだったが、それ以降の牙狼はどれもぱっとしない。前回のアニメは絵で脱落し、今回は桂正和デザインだったがそれを活かせる原画マンが居ないのかやっぱりなんとなくピンとこない。元々雨宮作品は昭和臭のする王道脚本だが、それを踏襲し続けると単に古臭いだけの話にしかみえなくなるという例をみた。敏樹脚本なのでそっちで期待したいけどアニメで敏樹的にはじけてもそんなに頭おかしくみえないのでどうなんだろな…




◆ヤング・ブラックジャック★

ツイッタに漫画の画像が回ってくる度ちょっと苦しかった。という気持ちはそのまま継続されている。これ二次創作だったら気にならないんだけど、っていうか二次創作そのものなんだけど商業展開されるとそうも言っていられず、二次だし…ってスルーするのも難しい。友人はギャグだと思って笑っちゃった、と言っていたが、これは二次だという切り分けが私の中ではっきりできないウチは多分苦しい。……と思ったら二話目でなんとなく慣れてきたw



◆ルパン三世★★
なにこれ幸せなリメイク!原作絵に近づけて、ノリはテレビシリーズの新ルパン三世を踏襲。動きは宮崎ルパンだったw二話目は描線が普通っぽい感じになった。激烈なテンポもここにはあまり見られないけど、ああルパンだな、って思える。馴染んだ新ルパンのイメージがそのままそこにあるって感じ。ルパンに関しては原作に馴染んだ人よりアニメシリーズに馴染んだ人の方が多いだろうから、この選択肢は上手いなと思う。



◆進撃の巨人中学校
なんだこれwwwww進撃のギャグパロディ作品。テンポよく進むのでなんとなく見られる。OPの改変曲が見事で笑った。かわいいしパロとして頑張ってると思うので時間があれば見る感じ。多分一話逃しても次の話を見るのに支障ないだろうし。こういうの貴重かもしれないね。



◆おそ松さん★
ギャグというより、いろんなパロディですすんでゆく。銀魂の監督らしく、そういうノリで進むのだが、私は銀魂のギャグが全然理解できないのでこれもよくわからない。いやなんのギャグをパロッてるかはわかるけど面白さがわからないのだ。ギャグは小さいコミュニティに絞った方が爆発的に受けるけど、それ以外のコミュニティには理解不能になる、というものなので、この現象は仕方あるまい。ただこのテイストは今回きりの可能性もあるので様子見。



◆すべてがFになる★★
浅田寅ヲ氏のコミカライズを読んでいるので先も知っているが…浅田寅ヲの超絶筆致で蘊蓄たれられればもうなんか全部そうですね!と言うしかないんだけどアニメのデザイン地味で美人が美人に見えないので「セリフ長いな…」という印象ばかりがたってしまった。私に数学的発想がまったくないのでアニメで見ても理解できないで終わるだろうがとりあえず視聴はするのであった。ってこれ感想じゃないなw



◆櫻子さんの足下には死体が埋まっている★★
ラノベのようなタイトルだが分類はミステリなのでこちらに。本タイトルも一話のタイトルも文学作品捩りでそういうひねりが入ってるのかなと思ったらそうでもなさそう?法医学的知識で死体の真相を語る櫻子さんを、知人少年が語る形式。法医学知識はそれを披瀝する事で死体にストーリーを持たせるという上手い作用があるので、ここがよほどめちゃくちゃにならない限り個人的に飽きずに見られそう。



◆仮面ライダーゴースト★★
竹中直人が竹中直人だった。なんかもうそれだけでいいんじゃないか、って気がしてるw 昨今のライダーはほぼ戦隊ノリになってきたのでライダーとして見る事ができないのだが楽しいならそれはそれでね!という感じ。二度死ぬライダーはいても実体がないライダーはなかなかないね?wあと自分のために闘うライダー主人公もはじめてかも?



◆薩摩剣士隼人 YOKADO!カゴンマ
特撮。ご当地ヒーローもの。お約束に闘ったりするが、主なパートは役所で働く着ぐるみと、ヒーローの居酒屋でのご当地名産紹介であるwこの居酒屋パートがとてもうまそうなのだ…もうこのパートを延々やってくれてもいい。鹿児島酒造組合がスポンサーにいるので、酒に関する事も充実しそう。プレゼントの焼酎グラス(割る配分が一発でわかる線付)は素で欲しい(これ番組の感想じゃないぞ?www








ライトノベル系アニメ

◆落第騎士の英雄譚☆
ヒロインの着替えに遭遇するラッキースケベという典型的初回展開。この段階で他の同様の始まりをみせた作品と混じって印象が薄くなるのだ…世界設定は特殊能力を持った少年少女が通う学校、最優秀生徒の王女(着替え主)と落第生な主人公(採点範囲は落第だが採点不能の部分で他を凌駕している)というここの所よく見かける話である…あとはどう展開するかなんだけど、この世界設定自体すでにいい大人の私にはついていくのは難しい。しかし王女は王女という立場にいるのに動揺しすぎである…ちょろいツンデレという立場に忠実すぎる…



◆学園都市アスタリスク★
闘う特殊技能をもった学生世界の話。こちらもヒロインの着替えに遭遇するのであった。そして怒ったヒロインに技をかまされる…このヒロインも落第騎士のヒロインと同様の炎属性のピンク髪の姫である。決闘をして勝った方のいうことをきく、という展開も同じである。おっぱい揉んだだけこちらの主人公の方がラッキースケベ度は高いのかもしれない。あとヒロインの知能指数もこちらの方が高そうである。展開はこちらの方がサクサク進むし他にメインの男キャラも居そうなのでただのハーレムアニメにはならなさそう?




◆ヘビーオブジェクト★★
画期的兵器が出現して戦争の図式が変容した世界。その設定と兵器(メカ)描写はなかなかわくわくする。他の作品がきわめて古典的展開をしている中独自性を感じるので好感度が上がっている。会話の内容もお決りのパターンで進むというよりキャラの個性を窺わせるように促してる。初回の盛り上げとしては弱い展開に思えるけど、この先の展開に期待が持てそうに思えるのは今期貴重。



◆ランスアンドマスクス
騎士の学園島から始まる。ただ話が進むのは現代日本地方都市風味の場所が舞台のようだ。騎士の習性(?)に従い、悲鳴を聞くとかけつけ助け、助けた後に女性であればレディとして対応してキモがられるwメインキャラに主人公以外男性の影がないのでこれはハーレムとして考えてもいいのかもしれない、ていうかそう見做す。
関係ないが主人公の父の声が石田彰氏で、ついラスボス手前の敵は父なのか…と深読みしてしまう、石田声の罪w



◆緋弾のアリアAA☆
調べてみたら一期無印のスピンオフだそうな。前半の戦闘シーンの作画はかなり頑張っているというか遊び心を感じる。…という点しか心に残りませんでした。釘宮声を求める向きにはおすすめ。




◆対魔導学園35試験小隊★

戦闘シーンからのバニーガール姿の尻おっぱいアップ画像である。お約束である。ただ他のアイテム、ツンデレ姫や一般的には評価されないけど実は優秀な主人公、といったものはない。今期ラノベ原作の中では重い設定に思う。戦闘で人を殺す、という部分を見せてる点で他と印象が違う感。




◆俺がお嬢様学校に庶民サンプルとして拉致られた件☆

タイトル通りである。携帯電話も知らない世間知らずお嬢様学校に男子ひとりぶちこまれる設定である。あまりに世間知らずでタイムスリップ感すらある。ハーレムアニメの極まった世界といえよう。そして特にそれ以上この作品に言及する事は無い。









今期は古典回帰というか王道というか何万回見たんだかと思うような展開というかそういう始まり方をしたものが多かった。
似たような設定や展開はなぜか同時期に重なる事がおおくて、新し目の要素が盛られてるな、という作品が出た時にも数本同時に出現したりする。

王道展開だらけだと、今後の展開をどこまで王道として進むかが読めないので、結局数話つき合うって展開の差を見届ける事になる。最近多いのよね、初回とその後の展開のイメージが全然違う作品…

そいう点で今期はなにに重点をおいて見るのかが難しいと思った。


あっ 一番おもしろいとおもった鉄血のオルファンズの事を忘れていたよ!!w
二話がとれなかったので配信みようと思って保留してました。
これはまた別の機会に。


つうことは今期30本あるのか…多い…


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68]  [67]  [66
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
手ブロ&pixiv




たまに出没ちゅう。
ブログ内検索
◇ で絵付き記事が検索できます
最新コメント
[11/03 古道京紗]
[05/15 ゲ。]
[05/13 古道京紗]
[05/12 ゲ。]
[04/29 null]
プロフィール
HN:九条 ゲ
ge
忍者ブログ [PR]