忍者ブログ
AdminWriteComment
オタクらくがき・感想等を徒然に 感想はネタバレまくりです  本サイトが更新できない今、実質ここが本サイト(笑)
No.
2017/12/14 (Thu)

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

No.10
2008/10/05 (Sun)

致命的に時間がない。
時間がないというより体力がないのだが。

大変に限られた時間のなかで、その思うところを書くか絵を描くかどっちだ、という状態になったので、とりあえず絵を書くことを選択。
そんなに年中絵を描く気になる方ではないので、気が向いた時にかかないと描く事を忘れてしまうから優先(笑)。


でもって描いてるのはいいけど全然ジョセフにならない件。

まだ粗描きだからそのうち似てくるだろう。きっと。たぶん。おそらく…

これが終るのがいつになるのかは謎(笑)。


しかしちょびっとだけ新番組と最終回に関して書いておく
ネタバレといえるような記述はありません(多分)が、新番組感想→最終回感想の順にしてあるので、ちょっとでも最終回のネタを入れたたくない人は新番組感想でとめておいてください。







________________________


新番組
先に宣言。
今期で見続けたいと思ったものはまだひとつもない。
駄二メハンターとして見ても興味がもてないものばかり。
私にとって空気アニメな今期となりそうです。


ガンダム00/1期での伏線をクロスさせていってるらしい。らしいというのは私があまり00を憶えていないからだ(笑)。作画はとても細かいことをしていて感心。

鉄のラインバレル/超厨二病全開。しかし谷口監督なのでそこは逆手にとるのではないかと期待…したいが、平井絵の安定しないぶりが激しくて絵がつらい。メカの動きと街の破壊ぶりはキモチイイ。

黒執事/女子向け厨2病というか。

ラオウ外伝/原哲絵じゃねぇぇぇ!声は引き続き宇梶氏。なんかいろいろいいや…って気になるけど、あまりの80年代テイストが逆に気になる魔性(笑)

夜桜四重奏/妖怪が人と共存する街のトラブルシューティングネタ。キャラの役割分担がしっかりしてる。1話の演出も悪く無かった。今期の中では普通にみられる。

茜色に染まる空/軍隊チックおじさんで始まったのに中身は萌え系というどこに転がるのかわからない話。OPの感じではメカも出るのだろうか。しかし萌え系なありえない展開なんだろうなー。

とある魔術の禁書目録/超能力者が普通に住んでる街。そこに魔術結社に追われる禁書10万冊の目録少女が降って来た。なにかナイトウィザードを思い出した。あのゆるい感じだったら耐えられるかもしれない。

とらドラ!/釘宮声ツンデレアニメ。

テイルズオブアビス/ファンタジーゲームのアニメ。普通にファンタジーなんじゃないでしょうか(ファンタジー興味なし)。めったにない事だけど、主人公の喋り方がどうにも苦手。絵は堅実な感じ。

ヒャッコ/えーと。学園もの、としか言えない。1話目は巨大学校の中で新入生数名が迷ってうろついて終りました。倍速で見る分には元気よさげで、みなみけ的ななごみに通じるものがなくもない。

天体戦士サンレッド/鷹の爪のノリですよ。嫌いじゃないよ(笑)。


以上今のところ11番組
びっくりするくらい言及したいことがない。
まあその方がひきつづきブラスレとRDで萌えられていいけど(笑)。



最終回感想
正直ブラスレの最終回を最初にみてしまったので、他のどれもがまとまって見えてしまう呪がかかってしまった。
ブラスレと似た印象があったのが薬師寺涼子という…



コードギアスR2/広げまくった風呂敷をちゃんとたたんだ。そしてこれを見て思った、物語の最後はカタルシスが必要であると。巨大なカタルシスがあれば、伏線の消化がなされなくても、ご都合主義的であってももういいのだ。だって見てる側はカタルシスに遭遇したくて物語を見てるんだもの。そういう意味ではギアスはすごい力技をもっていた。

薬師寺涼子の事件簿/こういう話は80年代にはよくあった。絵と原作がそういう時代の人だからいいのかも。ぼんやりとトンデモしててぼんやりと終った。

D.Gray-man/オレ達の闘いはこれからだ!で終了。それなりに楽しんでいたけど、いかんせんひきのばし工作が長かった。どこかで見たデザインやネタ詰め合わせ感は御愛嬌だと思っている。

マクロスF/アルトの影は薄いまま終了(笑)。いいんだ、女の子二人ががんばってたから。シェリルが死んだら最低だな、と思ってたので、それがなかっただけでいいんだ。いいんだよ!キラっ☆

いたずらなKISS/作者逝去で未完だったマンガをアニメで補完という、最初から愛に溢れた作品だったので、愛にみちみちで終った。視聴後、とてもいいきもちになれるアニメというのは希有である。そして入江くんのツンデレぶりは最強。

ストライクウイッチーズ/裏でやってたドラマにはばまれて全部は見ていなかったけど、パンツじゃないから恥ずかしく無いもん!な話であるものの、戦闘シーンの見せ方が秀逸でそこは目が離せなかった。細かい所でこってるし。趣味の力ってこういう風に使うもんだよね。

セキレイ/おっぱいアニメだったけど、格闘の仕方がところどころいい感じ。BLも書いてる原作者のせいか、男の子の書き方もときどきあやしくて良かった(笑)。へんなひっかかりがなくて意外に見やすいアニメだった。どうも2期があるっぽい終り方でした。

一騎当千GG/おっぱいパンツ消し処理がきつすぎてなにが起こっているかわからないという事態をなんとかして欲しかった…カコウトンの危機に行方不明だったソウソウが出て来てちょっと嬉しかった(笑)。

隠の王/捕まったり逃げたりをくり返すドラゴノーツ展開(笑)。しかし全キャラにイラっと来ていたため、楽しめるところはなかった。これのテーマってなんだったんだろうな…。うじうじしてても友達ひとりくらいできるよ、ってことかな(違

アンジェリーク/なんだかんだ視聴後の感じがいいのがアンジェリーク。展開は読めてるけど、なんでか涼やかなキモチになるのが不思議だった。たまに変な演出があるのも愉快だったし。みんな素直に一生懸命なところがいいのかな。なんかなごむ。



このふたつはあらためてちゃんと書きたいけどとりあえず↓

ブラスレイター/全体を通してまとまりがなかったのが惜しかった。そして最終回で消化不良なキモチになったのは、ジョセフにカタルシスがなかった事が原因ではあるまいか。テーマは歴然としてたけど、その演出の方向が一定でなく、その度に視聴者がとまどうという事態。設定がいろいろありそうにみえるんだけど、それが見る側に伝わりにくいというのも残念。行動の見せ方は上手いけど、設定の見せ方がヘタだった。好きだっただけにそこが見えないことが残念でならない。

RD潜脳捜査室/久島が生涯をかけてメタリアルという仕掛けをつかってプロポーズして、ハルに命がけの返事をさせにいくという壮大なプロポーズ大作戦。だったわけではなく(笑)。最終回のまとめ方は予測した中で一番オーソドックスなオチだったけど、各々の歩んだ過程とその先行きを丹念にみせてくれた作品だった。アニメでもこういう演出や脚本ができるんだなあとも思わせてくれた。



夏目はブラスレとかぶってて最後3話くらいをみはぐれた。惜しい。
他にあったかもしれないけど憶えて無いからいいや。


ギアスとブラスレとRDは比較すると面白い。
どれもある部分に特化してつくられているからだ。
こういうのが同じ期にやってたのがすごい。
日常的少年少女アニメばかりの今期とくらべると更にそこがひきたつ。
前期は豊作だったなー。
豊作すぎて萌えの消化できなくて大変だったけど(笑)


しかしRDは公式が大手すぎてなにもすることがない気分になるところが偉大(笑)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [5]  [6
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
手ブロ&pixiv




たまに出没ちゅう。
ブログ内検索
◇ で絵付き記事が検索できます
最新コメント
[11/03 古道京紗]
[05/15 ゲ。]
[05/13 古道京紗]
[05/12 ゲ。]
[04/29 null]
プロフィール
HN:九条 ゲ
ge
忍者ブログ [PR]